日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

サトー、Wiliot社と小売で戦略的パートナーシップ契約

超小型センサタグでリアルタイム在庫管理

 サトーは928日、報道向けに「B2B2Cビジネス 事業戦略発表会」を開催。イスラエルに本社を置くスタートアップ企業のWiliot社と、リテール分野における戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表した。
 Wiliot社の開発した「Wiliot IoTピクセル」(以下Wiliotタグ)は、「切手ほどの大きさ」というセンサ機能を持つ超小型Bluetoothタグ。周囲の電波を電力に変換するためバッテリーが不要で、ラベル状のためモノに取り付けることで簡単にIoT化が可能。専用の読み取り機がなくともスマートフォンなどからBluetoothを用いて情報収集でき、取り付けられたモノのID、位置、温度、動き、容量の変化などを検知できる(開発中の機能含む)。この技術を用いることで、店舗内に陳列されている商品や、消費者が購入後の商品の状態・使われ方などの情報を自動的に集められるほか、消費者のスマートフォンに対し「1to1」のプロモーションをかけることも可能になる見込みだ。
 サトーとWiliot社の協業は小売市場でのリーダーシップを確立するための戦略的パートナーシップで、契約期間は3年間。Wiliot社はWiliotタグなどの技術開発を、サトーはユーザーへ提供するソリューションの開発および販売をそれぞれ担う。Wiliot社は2021年にビジネス拡大プロジェクトでの協業先を世界全体で3社選定しており、サトーはそのうちの1社となり、Wiliotタグの注力提供先となる形だ。
 サトーはすでに今年9月から、ホームセンターでWiliotタグを用いた店頭でのリアルタイム在庫管理の実証実験を開始。商品や棚に取りつけたWiliotタグをもとに陳列棚やバックヤードを含めたリアルタイムの在庫把握を行い、在庫がしきい値を下回った場合に従業員のスマートフォンに補充通知を発報することで販売機会の喪失を防ぐ取り組みを進めているという。
 記者会見に登壇したサトー グローバル営業本部B2B2Cビジネス推進部長の平田和也氏はWiliotタグを用いた事業について、「小売がメインの注力分野ではあるが、物流やマニュファクチャリングなど、これまでサトーが事業を展開してきたその他の分野においても有益な技術だと考えている」と発表。22年に商用化を目指すほか、今後、新たな用途の発掘や実証実験も行っていく考えを示した。

 20211010日号掲載)