日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ソディック、竪型射出成型機を刷新

型の大型・複雑化に対応

 ソディックは20211月、VLINE竪型ロータリ式射出成形機「TR40VRE2」(=写真)を発売する。 可塑化と計量・射出を分離した独自装置「VLINE」による安定した計量・射出に加え、「精密成形品のさらなる生産性向上」をコンセプトとしてモデルチェンジを実施した。標準価格(税抜)1450万円~。生産目標台数は年間40台。
 最大搭載金型サイズは365×365ミリで従来機比1.5倍まで拡張し、成型品の多様化に伴う金型の大型化・複雑化に対応できる。また、正確で均一な型締力を再現する直圧方式を採用しつつも、テーブル上面高さ(金型取付面高さ)を従来機より90ミリ低い880ミリへ低床化し、金型段取り時や半自動成形時のオペレータの作業性向上をサポートする。さらに、180度回転時のテーブル回転時間を従来機比最大35%短縮し、生産性向上にも貢献する。
 可塑化・射出装置「V―LINE」においては、最適なタイミングで可塑化と射出が可能な自社開発の制御技術により、正確で再現性の高い成形を実現する。また射出高速高圧仕様や超高応答仕様もオプション選択可能。
 自社開発のGUIでは、射出・型開閉・温度の3つの設定を1画面で入力可能な15型サイズの操作画面を採用したほか、成形サイクル全体を一目で確認できるサイクルタイムチャート画面によりタイムロス削減をサポートできる。

20201225日号掲載)