日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

京町産業車輌、電動式牽引車を拡充

京町産業車輌(株)

ピッカー

700kg、1200kg追加

 京町産業車輌は、電動式牽引車のラインナップを今夏拡充する。台車、装置、カーゴなどに連結して移動させる製品で、最大牽引質量700キログラムと1200キログラムの2機種を市場投入する。
 「ピッカーPK700」は、専用ブラケットに取り付けるだけで連結が完了する。負荷時の最高速度は時速3キロメートル(走行距離約5キロ)。ハンドル角度無段階チルト機能のほか、非常停止ボタン、バッテリー残量計などが付いている。機械寸法を高さ1250×313×奥行600ミリに設計したほか、回転半径が小さく、小回りが利くのも売りだ。
 「ピッカーPK1200」は、さらにフック上昇ボタンを標準装備。電動式のフックを採用したことで「どんなモノでも牽引したり、押したりして作業ができる」という。 
 工場や物流センターに最適な平坦路専用機として開発した。バッテリーは交換式で、AC100Vコンセントで手軽に充電できる。
 従来機種に比べて価格面で優位性を持たせた新製品として提案する考え。バッテリー駆動で重量搬送の負担を軽減する製品として、手持ちの台車に後付けできる「アシドラユニットADU500」(最大積載能力500㌔グラム)も同時期に発売する予定。台車とのセット販売も計画している。

2021625日号掲載