日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

DMG森精機、スパコン「富岳」利用開始

DMG森精機(株)

デジタルツインテストカットの高速化へ

 DMG森精機は1026日、今年2月に開始した「デジタルツインテストカット」の計算処理を、スーパーコンピュータ「富岳」を利用することで高速化したと発表した。
 デジタルツインテストカットは、加工における工作機械の動的な稼働状態をコンピュータ上で再現し、加工結果を算出する技術。テストカット要望に対し、加工工程のシミュレーションから加工条件の最適化までをデジタル上で行うことができ、最短2営業日での回答を可能にしていた。しかし複雑な曲面で構成されるブレードや金型では、解析時間が長くなる傾向があったという。
 今回、富岳にデジタルツインテストカットを実装することで、実際には8時間かかる加工を98%減の10分で結果算出できるように。加工結果を短時間で得られるようになったほか、工具、ワーク、クーラントの消費抑制につながる。

 20211110日号掲載)