日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

太陽工業、紙と布でできた間仕切り

2.6㎏、増設も可能

 太陽工業は、紙と布でできた間仕切り「簡易マク・パーテーション」を発売した。工具を使わず、誰でも簡単に組み立てられるうえ、不要になった場合も容易に廃棄できる。
 パーテーションの使いまわしに衛生上の不安を感じる場合や、緊急的な臨時施設での運用に対応する製品として開発した。金属のフレームにボードを用いた従来品に対して、新製品は高強度な紙管をフレームに採用。樹脂製のジョイント部分とマジックテープで固定する間仕切り布(抗菌加工済み)を使用した。
 本体重量は標準タイプ(1800×1800ミリ)で約2.6㌔グラム。自由に増設し、組み合わせることもできる。不要なときは保管できることから「災害備蓄品としても最適」とした。 フレームは段ボールなどを手がけるマツダ紙工業が製造し、すべてのパーツを国内生産とすることで、安定供給を可能にした。ワクチン接種会場や災害避難所など、様々なシーンでの活用を期待しているという。
 販売価格は、標準タイプで税込13200円、追加用タイプ(900×1800㍉)で7150円に設定した。

2021710日号掲載)