日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

村田機械、多品種小ロットの管理容易に

小規模製造業向けストレージ

 村田機械は、仕事管理システム搭載ストレージ「IG Work Manager」を、ムラテック販売を通じて今年10月から市場投入する。多品種小ロットが多い小規模製造業向けに開発した。従来のワークフローを生かして、仕事の進捗管理を簡単にWeb画面で見える化できる仕事管理システムと、冗長性が高く保存データのアンチウイルス機能も搭載したネットワークストレージを一体化した。
 案件・工程ごとに一元管理し、Web画面でリアルタイムに状況把握することで、問い合わせの確認にかかる時間を大幅に短縮する。認識違いによるミスを防げるのも特長。現場担当者の経験頼み、ホワイトボードに手書きで進捗管理する現場の作業負担軽減と納期・数量ミス防止を目的に開発した。
 村田機械がポイントに挙げたのは「今までの手順を変えずに導入できる」ということ。システムに仕事の手順を合わせようとして、馴染まずに頓挫するケースがあるためだ。IG Work Managerは、図面や指示書などの書類にバーコードを貼付することで、「案件」として管理。作業の着完はバーコード読み取りで記録していくだけで、システムに反映される。
 4TBの大容量ネットワークストレージを装備。HDDは熱や振動に強いNAS向け「Western Digital RED」を搭載した。保存データは顧客名や案件番号で検索できるので、過去のデータもすぐに探し出せる。専用のクラウドストレージにアップロードして、社外の取引先と安全に共有もできるようにした。
 ストレージ内保存データのアンチウイルス機能も標準搭載した。BCP対策として、ストレージ保存データをクラウドにバックアップ保存も可能にしたことで、事業継続性を高めた。

2021810日号掲載)