日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

工機ホールディングス、両傾斜タイプの卓上スライド丸のこ

持ち運び容易なコードレス・軽量仕様

 工機ホールディングスは、電動工具ブランド「HiKOKI」から左右両傾斜の切断が可能な「コードレス卓上スライド丸のこC 3606DRB」を発売した。最大切断寸法は八寸(245ミリ)で、通常は 190ミリの丸のこを使用する五寸笠木の切断も可能。「様々な内装材の切断・ 加工を1台で行える」という。質量 は10.5kg と、持ち運びが容易な軽量仕様。ブラシレスモーターと独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」の採用により、コードレスでありながら「AC100Ⅴ の電動工具並みの切断性能を有している」点も特長だ。
 両斜傾により材料を反転する必要がなく、素早い作業が可能。「業界初」という2 段ベルト駆動方式採用によりギヤ衝撃によるゴツゴツ感を解消し、スムーズな切断と低騒音を実現した。マルチボルト蓄電池と急速充電器が付いた「C 3606DRBXP)」と、蓄電池、充電器別売りの「C 3606DRBNN)」の2種類をラインナップ。標準価格はC 3606DRBXP)が142500円、C 3606DRBNN)が109000円(いずれも税別)。 

2020425日号掲載)