日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ABB、高速で入出庫するロボ装置

eコマースの急増に対応

 ABB98日、製品の保管、仮置きなどに向くロボットシステム「FlexBufferアプリケーションセル」の発売で、柔軟かつ迅速な配送が求められるeコマースの配送時間を短縮すると発表した。
 FlexBufferABBロボット、一連のグリッパ、ソフトウェアパッケージ、ストレージラック、商品を送り出すインフィードおよびアウトフィードコンベヤで構成し、小ロット、混載パレット、個別注文などの効率的な処理が可能。受信した注文はWMSERPAMSシステムとのインターフェースをもつソフトウェアによって管理される。同社のグループシニアバイスプレジデントのマーク・セグラ氏は「今日の消費者の状況は常に変化しており、eコマースの爆発的な普及は注文を処理して配送する従来のシステムに対する挑戦と言える。FlexBufferは自動化された保管、在庫管理と順序制御をすべての施設にもたらすことで、お客様がこれらの課題に対応するのに役立つ」としている。
 FlexBufferは総重量50キロまで対応。最大600個の荷物を保管し、1時間あたり最大500サイクルで入出庫作業を行うことができる。

2021925日号掲載)