日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ダイキン工業、スリムな空気清浄機

設置面積、運転音を削減

 ダイキン工業は、業界最小クラスの設置面積とスリムなデザインが特徴的な加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70Y」を1013日に発売する。室内の空気質への意識が高まるなか、「空気清浄機にはこれまで以上に設置のしやすさや生活の邪魔にならない運転音などが求められている」ことから開発した。
 新製品は、本体の構造・部品の配置を見直すことで、設置面積を約13%低減。ワイドな吹出口の採用と送風ファンをフィルター下部に配置したことによる防音効果で、人が感じる運転音(SONE値)を約30%減らした。加湿フィルターは2枚構造にし、加湿量を毎時700㍉リットルに向上させている。
 給水タンクは、本体上部に配置した。構造も変更したことで、シンクからの給水に加えて、タンクを外さずにその場での給水が可能に。「水の入った重たい給水タンクを運ぶストレスや体力的な負担を軽減する」という。給水タンクは開口部が広く、内部の凹凸も少ないため洗いやすくなっている。
 マットな質感を採用したのも特徴。家具、壁紙、ファブリックなどのインテリアに調和した上質な空間を演出する。前面パネルと側面色をツートンで切り替え、軽やかな配色に仕上げた。さらに本体側面に施したスリットにより圧迫感を軽減。抗菌処理を施した操作表示部は天面に配置し、湿度や風量などの必要な情報をLEDでシンプルに表示する。
 専用のスマートアプリを使えば、外出先からの遠隔操作や部屋の空気の見える化ができる。今回、新たにダイキン工業製ルームエアコンとの連動運転が可能になった。

20211010日号掲載)