日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として半世紀を超す実績。
日本物流新聞社のWEBサイトでは、
ものづくりを支える工作機械、工具、ロボット、産業機器等の情報から、
ハウジングはじめ住まい・暮らしの様々なニュースをお届けしています。

検索

コラム

連載

けんかっ早いけど人が好き Vol.27

私は背が高い。今も縮むことなく170センチを保っている。生まれたときは小さかったのに、小学六年生で168㌢に達する成長っぷり。今でこそ背の高い女性は多いが、40年以上前はそもそもそんな巨大な女は希少生物である。街に出れば周囲の人は、下から上...

識者の目

製造業DX実現のカギ~第14回

物流システムの「要件定義」「実装」は、材料や部品の入荷から、製品の出荷までを通じて物流工程に必要な要素を洗い出して進めていく。最新の物流管理手法の検討や、自動倉庫、AGV(無人搬送車)、物流ロボット、DPS(デジタルピッキングシステム)など...

連載

扉の先66/名古屋に開放感ある新工場

2階の事務所からも会議室からもガラス越しに階下の工場の様子がよく見える。210キロ可搬のファナックのロボットを使ったヘミングシステム(自動車ボンネットの外周の折り曲げ)や600㌔可搬の安川電機ロボットを利用したレジャーボートをつくる設備(1...

連載

けんかっ早いけど人が好き Vol.26

雨の季節がやってきた。6月は子どもの事故が多発する。遅くなっても外が明るくて遊ぶ時間が長くなるからとか、小学生は新しいクラスに慣れてきたから(特に小学一年生)と言われているけれど、きっと雨のせいもあるのだと思う。

識者の目

製造業DX実現のカギ~第13回

自動化設備のメインコントローラーとして使われることが多いPLC(プログラマブルロジックコントローラ)のプログラムなどは、各メーカーで提供するシミュレーション機能などはあるものの、基本的にPC上でのシミュレーションにとどまるため、仮想空間上の...

連載

ジダイノベーターVol.4/労使双方のコストを大幅削減

国内における深刻な労働力不足の解消を目指し、2019年に設けられた在留資格「特定技能」制度。その活用が進んだ現在、多くの業種において外国人労働者が活躍している。

Opinion

東京財団政策研究所 主席研究員 柯 隆 (か りゅう)氏

コロナ禍が発生してから2年半経過した。感染はまだ終息していないが、多くの国では、予防策を講じながら、コロナ禍前の日常を取り戻している。そのなかで唯一硬直的なゼロコロナ政策を取っているのは中国である。中国では、数人ないし数十人の感染者が見つか...

Opinion

愛知大学 国際ビジネスセンター所長 現代中国学部 准教授 阿部 宏忠

「『五一』(労働節)の連休は、感染予防措置をとったうえで、美しい春を楽しんでほしい」。これは昨年4月下旬、中国の衛生当局幹部が語った外出奨励の言である。当時、日本は4都府県に緊急事態宣言が発令中で、ゴールデンウィークを楽しむどころではなかっ...

Opinion

国際機関日本アセアンセンター(AJC)事業統括長 ラファエリタ C.カストロ氏

――RCEPが1月1日に発行されてから第1四半期を経過しました。現況はいかがでしょうか。

Voice

北川鉄工所 西宮 民和 さん

NC旋盤加工において重要な役割を担うパワーチャックとジョー(生爪)。チャックには高い剛性と把握精度、堅牢性が求められ、ジョーの成形の良否はワークの仕上がりに大きな影響を与える。