LONG TWEET

金型はマザーツールと呼ばれる。製品を生み出すために欠かせないツールだからだ。ひとつの金型(本型)で数万~数十万個以上の成形品をパカパカ生み出すのだから、超子沢山で、タフで、頼もしいお袋だ。筆者のオフィスの机の上をザッと見るだけでも、一つ二つ…数十種ものマザー(金型)がいた(る)ことに気づく。 このマザーツールの専門展が間近に控える(インターモールド2019=4月17日から4日間、東京ビッグサイト)とあって、今号では金型関係の特集を組んだ。 金型づくりも相当に設備産業化し、かつて必要だった技術(職人技等)だけでは差別化も効率化も図りづらくなった。やはり今の関心はIoTの導入と活用だったり、あるいは3Dデータを駆使した高効率な金型制作・管理だったりする。いろんな金属加工のなかでも難易度が高い金型加工技術を、他の分…

Pick Up 今号の企画 最新号目次
×

4月10日号 主な内容

■生産財面: 2面: エンジニア、ネジザウルスEL
3面: 日東工器、マルチカプラ
4面: JBM、創業50周年
■特集面: 6〜9面: インターモールド2019特集
10〜11面: 切削工具特集
12〜13面: 最新の溶接
■消費財面: 15面: ダイキン、最新ルームエアコン
メーカー情報各業界の最新情報をご覧いただけます。
News様々な分野の最新ニュースを掲載しています。
生産材・消費財 おすすめ情報随時更新!いち押し情報をご覧ください。