LONG TWEET

 1月1日新春号の仕事を終えた。弊紙は月2回、10日号と25日号の発行だが、毎年最初の新聞のみは「1月1日新春号」としている。  例年に違わずこの時期、大手経済紙誌が「新年大予測」といった特集を組んでいるが、弊紙でも新年のモノづくりの動きを、関心の高い分野をいくつか選んでウオッチしてみた。編集スタッフが意見を出し合い選んだのは(1)IoT、(2)ロボット、(3)半導体、(4)自動車、(5)再生エネルギーの5分野。戌年に引っ掛け「ドッグイヤー(情報技術分野の革新のスピードが早いことを指す)を生きる」といタイトルを設け、その視点からこれら5分野の動向を探った。それぞれ市場の動き、変化が激しく、かつ製造業を屋台骨としてきた日本の今後を占ううえで重要な分野である。  これら5分野を含め、モノづくりはこの新年も全体的に好調を持…

Pick Up 今号の企画 最新号目次
×

1月1日号 主な内容

■生産財面: 7面: 国際ロボット展 双腕・単腕の協調ロボ
11面: ダイヘン インタビュー、中国増産へ
■新春企画面: 2〜5面: 業界Watch モノづくり5分野
■消費財面: 14面: LIXIL 主力 筑波工場を公開
メーカー情報各業界の最新情報をご覧いただけます。
News様々な分野の最新ニュースを掲載しています。
生産材・消費財 おすすめ情報生産財・消費財のおすすめ情報を掲載しています。