日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

Product Info

「産学連携」や「産産連携」によるオープンイノベーションで社会課題を解決する新たなビジネスを創出

ダイキン工業(株)

 ダイキンはグローバルな社会課題の解決に貢献する新たなビジネスの創出をめざし、国内外の大学との連携に力を入れています。2018年には、10年間で100億円規模を投じ、東京大学と産学協創協定を結びました。本協定では、「スピードある社会実装を狙ったベンチャー企業との連携」・「『SDGs、Society5.0』とつなげる未来ビジョン協創」・「『コア技術の発展と新価値創造』を軸とした未来技術の創出」の3つの協創プログラムに取り組んでいます。
 また、本協定の最大の特徴は、組織対組織の本格的な人材交流です。東京大学の教員や学生、起業家、ダイキンの従業員が、各組織を自由に行き来し、知見の共有や共同研究ができる働き方、キャリアパスの構築をめざします。また、ダイキンが世界に展開する営業・生産・研究開発拠点でインターンシップを実施し、人材育成にも注力することで、協創の成果を加速度的に創出することをめざします。
 また、ダイキンは、大学との「産学連携」だけでなくさまざまなパートナー企業と協業する「産産連携」にも力を入れています。たとえば、空気・空間にまつわる新たな価値を生み出していくための、協創型プラットフォーム「CRESNECT(クレスネクト)」を開設。各社が保有する最新の技術やデータ、ノウハウを融合して創り出した空間コンテンツを利用者に体験してもらうことで、健康で快適に働けるオフィス空間づくりに向けた実証を行い、新しい製品やサービスの創出をめざしています。