日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

Product Info

最小スペース・高精度同時5軸マシニングセンタの決定版「MedCenter5AX」

キタムラ機械(株)

 国内唯一のマシニングセンタ専業メーカーのキタムラ機械は、複雑形状加工の要求に応えるため、1984年から無人化システムの代名詞となった同時5軸制御FMC「スーパーセル・シリーズ」を800セット以上納入してまいりました。
 「MedCenter5AX」は、これまでの5軸マシニングセンタの高能率、高精度加工技術を、機械幅1.2m×奥行き2mの世界最小スペース(公衆電話ボックス並)の中に凝縮させた同時5軸制御マシニングセンタの最新機種です。
 医療機器や半導体、通信機器、精密部品加工などの複雑形状、多品種少量生産用に開発し、φ230×175mmの最大ワークに対して、機械ストローク(X, Y, Z)を254×330×330mmと広くとることにより、五軸加工で求められるアンダーカット形状や3次元形状加工といった加工の自由度を高めています。
 高分解能・光学式スケールフィードバックを標準装備し、位置決め精度±2μm/フルストローク、繰り返し精度±1μm、高分解能ロータリースケールを標準装備した旋回軸、傾斜軸は、1/1000°割出精度±2秒を実現。回転軸200rpm傾斜軸100rpmの俊敏性、追従性の高い高速加工が可能です。
 最小スペースの中に、最大工具径50mmを含む40本の多本数工具マガジンと、工具交換速度1.5秒の高速ATCアームを内蔵し、毎分3万回転の主軸回転領域を利用した多数工具を使った複雑形状五軸加工の高能率化を実現できます。オプションで12面のパレットチェンジャーを用意しており、無人化対応システムも可能です。
 「Machining Challenges-Simplified」のスローガンのもと、「経験や知識を必要とせず、誰もが簡単に高精度・複雑加工」が出来る独自のCNC装置「Arumatik-Mi」はアイコン操作をCNC制御装置では世界で初めて実用化し、インターネットテクノロジーを駆使した使いやすさが特徴です。機械単体でインターネットにつながることで、あらゆるデータを活用できる生産システムの構築が可能なIoTに対応した生産管理システム「Anywhere-Remote」(エニウェアリモート)を2015年から標準搭載し、19インチマルチタッチパネルに高解像度CCDカメラ、マイク、スピーカーを搭載し、世界中どこからでもネットを介して作業者と会話して、加工現場の状況を明確に把握できます。