日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

Product Info

門形マシニングセンタ「MCR-BV」

オークマ(株)

大物ワークの加工から計測までを1台で完結

 オークマの門形マシニングセンタに待望の新型機「MCR-BV(ビーファイブ)」が新登場。
 シリーズ累積販売数9,500台以上の実績を誇る、当社の門形マシニングセンタのフラッグシップモデルです。定評のある加工能力、精度安定性をさらに向上し、加工から計測までを1台で完結する高度な工程集約を実現します。
 最大有効門幅3,650mm、最大テーブル長手方向寸法12,000mmで加工するワークに応じてサイズの選択が可能です。また、100種類以上の主軸ヘッドが選択でき、多様な複雑形状部品を1台の機械できます。
 43kW高出力ビルトインモータ主軸の標準適用により、加工能力を従来機比33%向上。強力切削から高精度仕上げ加工まで対応します。さらに、早送り速度もX軸30m/minと従来機比2倍に。強力加工と高速送りで加工時間を短縮します。加工能力の向上に合わせ、加工室内の切粉搬送能力も従来機比2倍に向上。大量の切粉もスムーズに排出します。
 さらに、大型機の広い加工エリアの空間精度を高精度に維持する新知能化技術「3Dキャリブレーション」を標準適用しました。機械設置床面の影響に伴う機械精度の悪化を半自動で簡単に校正できます。これにより、加工後のワークを段取り替えすることなく、三次元測定機並みの機上計測が可能です。