日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

オカムラ、「ライトピック」新モデル

物流向けピッキングロボ

 オカムラ(中村雅行社長)は、商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステム「RightPick(ライトピック)」の新モデルを6月より発売する
 同社は20201月にライトピックの開発・製造元である米ライトハンドロボテゥクスとパートナー契約を締結。同年2月より「ライトピック」を販売している。
 ライトピックは、物流施設の作業者や物流システム機器と連携して商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステム。第三世代となる新モデルはプロセッサの処理速度を向上。「今までよりも20%高速に、さらに幅広いアイテムを取り扱うことが可能になった。またピッキングの際、よりていねいで高精度、高密度な移載を実現し、運用性・メンテナンス性も改善されている」(オカムラ)
 同社は自動倉庫や搬送・仕分け機器などの物流システム機器の開発・製造、導入・運用支援、アフターサービスなど物流システムにおける一貫したソリューションを提供している。
 同社では今後、「ライトピックの新モデルを搬送機器や倉庫管理システムと組み合わせ、ピッキングの自動化まで含めた統合ソリューションの提案を行っていく」としている。

2021610日号掲載)