日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

Opinion

Opinion

バリ取りの要諦は現状分析

バリ取り研究の第一人者である関西大学の北嶋弘一名誉教授は、エッジ品質の重要性を訴えてきた。最適な除去方法を考えるにも、評価する基準がなければ判断できず、妥協点を見出せないからだ。「モノが壊れるのはエッジから」「バリは必ず発生する」と、バリと...

Opinion

オフィス環境とホワイトカラーの生産性、関係は?

テレワークの普及に伴い、オフィスワーカーの働き方が急速に変化している。オフィス環境を見直す企業も増えているが、その際に気になるのが働き手の生産性に与える影響。オフィス環境とホワイトカラーの生産性にはどのような関係性があるのか。オフィスの生産...

Opinion

次世代自動車と日本のモノづくり

■ポストコロナで加速化するCASE革命

Opinion

働き方改革に必要な考え方と戦略

新型コロナウイルスの蔓延によって、日本企業は弱点を露呈し、企業と労働者双方の視点から「働き方改革」の推進が待ったなしで迫られるようになった。

Opinion

Society5.0とスマートシティ ~都市計画との融合を~

■Society5.0とは

Opinion

研削加工の最新技術トレンド

JIMTOF2020 Onlineで見ることができた研削加工関連の技術トレンドとしては、図に示すような6つの技術指標と先進的な研削盤設計技術を挙げることができる。

Opinion

RCEPでどう変わる? アジア通商戦略

RCEPにより日本企業のアジア通商戦略がどう変わるのだろうか。そして、RCEPの中心にASEANが据えられた意義とは?  JETRO時代から日系企業のビジネス円滑化を最前線で支え、実務・通商外交の両面での事情に精通している国士舘大学の助川成...

Opinion

国難の今こそ本当の意味での危機管理を

変異を続ける新型コロナウイルスが、世界中で猛威を振るっている。元来災害の多い日本にとっては、南海トラフ地震や大規模水害などのリスクに加え新たな脅威が持ち上がった形だ。それらの国難を迎え撃つためには何が必要か。危機管理に精通する、人と防災未来...

Opinion

アフターコロナの都市の姿

人類は、ある空間に人や機能を密集させる「都市という技術」を生み出し、事業効率を高めたり多様な娯楽を楽しむなどの豊かな生活を享受してきた。この大都市集中の流れに、COVID-19のパンデミックが、どんな変化をもたらすのだろうか。

Opinion

三品業界の自動化・デジタル化

三品業界の人手不足、急激な需給変動、市場構造の変化など多くの課題を解決する手段として、「自動化」「デジタル化」は業界内の大きな課題でもある。そこで製造業における自動化を数多く手掛けるFAプロダクツ・貴田義和社長が、実際の導入事例を交えて三品...