日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として半世紀を超す実績。
日本物流新聞社のWEBサイトでは、
ものづくりを支える工作機械、工具、ロボット、産業機器等の情報から、
ハウジングはじめ住まい・暮らしの様々なニュースをお届けしています。

検索

Opinion

Opinion

東京財団政策研究所 主席研究員 柯 隆 (か りゅう)氏

コロナ禍が発生してから2年半経過した。感染はまだ終息していないが、多くの国では、予防策を講じながら、コロナ禍前の日常を取り戻している。そのなかで唯一硬直的なゼロコロナ政策を取っているのは中国である。中国では、数人ないし数十人の感染者が見つか...

Opinion

愛知大学 国際ビジネスセンター所長 現代中国学部 准教授 阿部 宏忠

「『五一』(労働節)の連休は、感染予防措置をとったうえで、美しい春を楽しんでほしい」。これは昨年4月下旬、中国の衛生当局幹部が語った外出奨励の言である。当時、日本は4都府県に緊急事態宣言が発令中で、ゴールデンウィークを楽しむどころではなかっ...

Opinion

国際機関日本アセアンセンター(AJC)事業統括長 ラファエリタ C.カストロ氏

――RCEPが1月1日に発行されてから第1四半期を経過しました。現況はいかがでしょうか。

Opinion

「少子高齢化」が「世界の工場」の変革を促す

愛知大学 国際ビジネスセンター 所長 現代中国学部 准教授 阿部 宏忠

Opinion

経済安全保障とハイテク技術をめぐる覇権争いの行方

東京財団政策研究所 主席研究員 柯 隆 (か りゅう)氏

Opinion

ロボットが自らエレベーターに乗れるように

東京・霞ヶ関の経済産業省ビル地下1階のファミリーマートに昨年10月、バックヤードで飲料補充するロボットが導入された。人工知能(AI)を活用し、1日に約1000本行われている飲料陳列を店舗従業員に代わり24時間担う。コンビニエンスストアへのこ...

Opinion

これからのホワイトカラーワーカーの働き方

2020年2月頃からの新型コロナウイルス感染症の蔓延により、日本の企業で働くホワイトカラーワーカーの働き方は大きな変換を強いられることとなった。

Opinion

二輪・四輪・OA機器業界、すべてで回復

ロックダウン中一番ひどい時期はハノイ支社でおよそ1カ月間、ホーチミン本社で2カ月間、ベトナム人社員5人ほどが代表して事務所で寝泊りするか、近所の指定のホテルに泊まるかのどちらかして事業活動を継続した。あくまで実務を担当する会計や貿易、業務管...

Opinion

ロックダウン解除も完全回復はこれから

ベトナムは10月からニューノーマル(新常態)としてワクチン接種を進めることによって新型コロナの感染拡大を抑えつつ経済活動を回復させる政策を進めている。昨日(10月28日)からようやくホーチミン市で飲食店での店内飲食が解禁になった。

Opinion

超精密加工:成形と金型等の製造業ネットワークのあり方

■最近の精密加工、成形の傾向