日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として半世紀を超す実績。
日本物流新聞社のWEBサイトでは、
ものづくりを支える工作機械、工具、ロボット、産業機器等の情報から、
ハウジングはじめ住まい・暮らしの様々なニュースをお届けしています。

検索

Opinion

Opinion

高千穂大学準教授 内田 稔 氏

115円台で始まった2022年の円相場は、日米金利差の拡大や日本の貿易赤字などを受けて大幅に下落した。10月には一時151円94銭まで下落し、日本の通貨当局も円買いの為替介入で応じた。 

Opinion

東京財団政策研究所 主席研究員 柯 隆 (か りゅう)氏

日本は大きな悩みを抱えている。日本経済は中国経済に大きく依存しているなかで、中国とディカップリング(分断)を進めるわけにはいかないが、これ以上対中依存度が高まるリスクをどのように管理すればいいのか。簡単には結論を出せない。

Opinion

日本貿易振興機構(ジェトロ) DX推進チーム 主幹 宮﨑 拓 氏

新興企業が世界の技術革新をリードする時代になった。ビッグ・テックと呼ばれる米国の巨大IT企業の時価総額は日本のGDPを抜き去り、インドやASEANなど新興国でも勢いのあるスタートアップが勃興する。世界のバリューチェーンはもはや彼ら抜きに語れ...

Opinion

愛知大学 国際ビジネスセンター 所長 現代中国学部 准教授 阿部 宏忠

10月23日、中国共産党は今後5年間の党運営を担う政治局常務委員7名を選出した。異例の3期目となる習近平新指導部は、建国百周年(2049年)までに社会主義現代化国家の全面的建設の実現を目指す「第二の百年」目標に向かってスタートを切った。

Opinion

(一社)Space Port Japan 代表理事(元JAXA宇宙飛行士) 山崎 直子 さん

「人とロボットの共存する社会を国家ビジョンに」 そう話すのは(一社)日本ロボット工業会(JARA)が10月13日、創立50周年を迎えたのに合わせて開いた「JARA創立50周年記念シンポジウム」に登壇した元JAXA宇宙飛行士で(一社)Spa...

Opinion

慶應義塾大学 教授 青山 英樹

工作機械やロボットを含むものづくり現場の様々な機器はIoT化が進み、機器や製造物の状況を認識するためのデジタル情報の収集が可能になってきている。IoT機器からの情報を簡便に収集する仕組みとして、ファナックが提供するFIELD、コンソーシアム...

Opinion

(一社)日本鍛圧機械工業会 代表理事会長 北野 司 氏

――最近の景況は。 「景況感はそれほど悪くありません。設備投資意欲は補助金の関係もあって横ばいから上向きの状態でしばらく推移しています。コロナ前の状況近くまで回復してきました。ただ、ご存知のように電子部品の供給が滞り長納期化しています。その...

Opinion

名古屋大学 未来材料・システム研究所教授 山本 真義 氏

多くの国が2030年を目処に内燃機関の廃止や規制を掲げる中、自動車のEV化は今後ますます加速していく。世界の自動車産業をリードしてきた日本メーカーも、EVでは少々遅れを取っている感は否めない。

Opinion

芝浦工業大学 建築学部長 教授 秋元 孝之 氏

かねてより注目されていた「改正建築物省エネ法」が、去る6月13日に参議院本会議を経て無事成立した。これまで住宅あるいは300平米以下の小規模建築物は省エネルギー基準適合義務の対象外とされてきたが、これらを含む新築の建物はすべて、2025年度...

Opinion

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 名誉教授 佐藤 知正 氏

ロボットとSIerが近年、急速に能力アップを果たしている。自動化は今後どのような形で導入されるのか。ロボットを普及させるための国の様々なプロジェクトに関わる佐藤知正・東京大学名誉教授に聞いた。