日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

識者の目

コロナ後のニューノーマルを共に考えよう~10

製造業は自動車産業の燃料電池車に取り組もう

コロナ禍がここまで続くとは発生当初、誰も予想できなかった。

約1年、想定外の体験をしてきて学んだことは、ロックダウンや移動制限はコロナ感染への応急処置はできても、いずれ反動が来る。何度も繰り返すと、慣れによって効果が減少する。戦略を間違えると、感染抑止効果が少なく、逆に経済的ダメージが大きくなる等だ。同じことが、「脱ガソリン車」政策にも言える。間違った戦略に乗っかると、数年後に痛い目に会う。

日本政府は2030年代半ば「あと10年少し」で、すべての新車販売を「脱ガソリン車」にする目標を急に掲げた。仕掛け人が色々いるようで、週刊新潮1月28号にはテスラ社取締役・経産省参与だった水野弘道氏が儲けた記事が、文藝春秋二月号には大和総研チーフエコノミスト・内閣官房参与熊谷亮丸氏の『「脱炭素」こそポスト新自由主義の本命だ』の投稿文がある。熊谷氏の投稿文には、昨年12月半ばに菅総理の脱炭素宣言に対し豊田章男氏が「自動車産業としては、CO2排出量を2001年度から18年度にかけすでに22%削減した。2050年までの排出ゼロ目標には、現在火力発電に依存する日本のエネルギー政策の転換なしにはほぼ達成し得ない。乗用車400万台すべてをEV化したら、夏は電力不足、原発でプラス10基分の発電能力を必要とする」と指摘したことに対し、熊谷氏は「変革を求められているのは日本の自動車産業の方である。日本では、HEVでも十分『エコ』という認識だが、完全に電気だけで走らせるBEVとは世界の見る目が違う。欧州が自動車産業のゲームチェンジを仕掛け、米国も中国もそれに続く姿勢を見せる中、日本だけ独自路線では、いずれ衰退する」と述べている。熊谷氏こそ、欧州や中国、米国の戦略に嵌められているのであって、日本の製造業は戦略を間違えてはいけない。官製需要でなくユーザーニーズと合致した車が最終的に生き残れることを信じるべきである。

ガソリン車ゼロが地球全体でのCO2排出量削減や地球温暖化対策に効果があるのかの判定は、2050年以降にならないとわからない。しかし、中国・ドイツ連合はBEV開発に突っ走る。とくに中国はレアメタルを武器にBEVやバッテリー生産を国内に囲い込む。したがって日本の製造業は、しばらくはBEV部品の開発アイテムを中国や中国へのBEV売り込みを狙う日系メーカーに取りに行くのがよい。世界のコロナ収束までの主要市場は中国で、そこでのニーズはBEV新規部品開発である。

助成金等優遇措置でBEVを販売して、行き渡ってくると助成金を出せなくなる。それまでに車載電池のイノベーションは難しく、BEVのコストはあまり下がらず、低価格エコガソリン車へのニーズが戻ってくる。さらに、ポストコロナでは、アジア(東南アジア、南アジア)の経済発展が見込まれ、そこでの車需要はガソリン車である。また、次世代自動車はガソリン車からBEVではなく、HEVを経て燃料電池車(FCEV)になる。トヨタの新型MIRAIに注目し、FCEVの部品開発への取り組みをお勧めしたい。日本の部品メーカーの強みは「摺合せ」技術であり、BEVよりFCEVの方が「摺合せ」技術を求められる。

そして最後に、日本の製造業はまだしばらく自動車産業で行くべきと思っている。

オフィスまえかわ  代表 前川 佳徳
同志社大学大学院工学研究科および神学研究科終了。工学博士、神学修士。大阪府立産業技術総合研究所研究員、大阪産業大学デザイン工学部教授を経て、現在オフィス・まえかわ(ものづくり企業支援)代表。製造業のアジア(とくにタイ)展開支援を行っている。タイAlliance for Supporting Industries Association 顧問、日本・インドネシア経済協力事業協会顧問、日本キリスト教団伝道師などを兼務。専門はCG/CAE、デジタルものづくり。型技術協会元会長、現名誉会員、自動車メーカー・部品メーカーとのネットワークに強い。