日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

三井化学東セロ、台湾の半導体製造工程用テープ生産2倍以上へ

イクロステープ

世界的な半導体需要に対応

 三井化学東セロは、20201月から台湾で生産している半導体製造工程用テープ「イクロステープ」の能力増強を決定した。台灣東喜璐機能膜股份有限公司(高雄市)の生産能力を2倍以上の年間760万平方㍍まで高める。今年8月に着工し、202310月に本稼働する予定だ。
 イクロステープは、樹脂由来のポリマーサイエンスの技術と、精緻なフィルム加工技術の強みを合わせた製品。半導体製造工程に使用する保護テープとして、「とくにシリコンウエハーの裏面研削工程用で世界トップシェア」(三井化学東セロ)という。名古屋工場と合わせて、大幅な供給能力の拡充を図ることで、BCP体制の強化にもつなげる。
 コロナ禍によるテレワークの拡大で生活様式が変わり、PCやデータセンター向けの需要が拡大していることから増強に踏み切った。5Gの本格化に伴う基地局や携帯端末の需要も伸長しており、三井化学東セロも「今後も引き続き高い成長が見込まれる」と期待している。今回の増設を通じて、「世界的な半導体需要の高まりに対応するとともに、さらなる事業領域の拡大を目指す」とコメントしている。

2021515日号掲載)