日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

THK、サービスロボプラットフォーム受注開始

 THK(寺町彰博社長)は、プラットフォームロボット「SEED-R7シリーズ」の受注を開始した。
SEED-R7シリーズ」は、サービスロボット構築用に開発された、スマートアクチュエータ搭載のプラットフォームロボット。ロボットの構築に欠かせないメカトロニクス要素をユニット化し、導入し易くすることで、ユーザーの思い描くサービスロボットのアイデアを実現する。
 「従来、サービスロボットの開発は、メカ設計、電気・電子制御、ソフト、運用面など、さまざまな課題を1つずつ解決しながら進めるため、実現までに膨大な時間と労力を要していた。そこで当社はロボット開発に伴うユーザー負担を軽減すべく、サービスロボットに不可欠なメカ設計、電気・電子制御、基本ソフトを一体化した各種ユニットを開発した」(THK)。
 「SEED-R7シリーズ」は、等身大上体ヒューマノイドSEED-noid、昇降ユニットSEED-Lifter、全方向移動台車SEED―Moverという、サービスロボットの開発の種(SEED)となるユニットで構成されている。

2021610日号掲載)