日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

コロナ、寒冷地仕様のF輻射式石油暖房機

(株)コロナ

2021年モデルをラインナップ

 コロナ(小林一芳社長)は、寒冷地向けFF輻射式石油暖房機「AgRatio(アグレシオ)」と「FIRNEO(フィルネオ)」の2021年モデルを、7月中旬より北海道・北東北より順次発売する。
 「アグレシオ」は同社FF式石油暖房機の最上位機種。2007年の発売から15年間で累計販売台数10万台を突破した。「暮らしをデザインする暖房」をコンセプトに、デザイン性と遠赤外線の暖かさを両立。「大型遠赤外線パネルの採用で、当社史上ナンバーワンの遠赤外線輻射量を実現した。これにより、身体の芯から温まり、ぬくもりが長続きする」(同社)。
 「フィルネオ」は薄型スタイルと充実した暖房機能や節約機能が特徴。ストーブ前面に効率よく熱を集める独自の「遠赤外線ドーム」構造により、従来製品に比べ遠赤外線の輻射面積を約30%拡大し、遠赤外線輻射量を大幅に高めた。またエネルギー消費効率も87%に向上させている。
 FF式(強制給排気)暖房機は、燃焼に必要な空気を屋外から給気し、屋外へ排気するため、部屋の空気が汚れず定期的な換気が不要なため、高気密住宅が多い寒冷地での需要が高い。

2021710日号掲載)