日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

日立、Kyoto Robotics子会社化

物流・FAの自動化提案強化

 日立製作所は、知能ピッキングロボットの開発・販売で実績のあるKyoto Robotics(滋賀県草津市)を子会社化した。ロボットの3次元ビジョン、AIによる制御システムなどの独自技術を獲得することで、ロジスティクス・FA分野の自動化ライン全体に対して、ロボットシステムインテグレート(SI)をワンストップでスムーズに提供するのが狙いだ。
 Kyoto Roboticsは、2000年に創業した立命館大学発のスタートアップ企業。産業用ロボットの「目」となる3次元ビジョンシステムは、物体認識率99.99%を誇る。さらに「脳」の役割を担う積み付けアルゴリズムやモーションプラーニング(ロボットアームの動作計画)のAI技術は、様々な荷姿や積載状況に対応したロボット制御を可能にした。
 ロジスティクスや製造の現場は、多種多様な形状・質量の対象物を扱うことから、ロボットによる完全自動化が難しいパレタイジング・デパレタイジングを中心に、国内で400台以上の納入実績がある。
 日立は、入出荷時のデパレタイズとパレタイズの自動化に、Kyoto Roboticsの知能ロボットシステムを適用したロボットSI、日立インダストリアルプロダクツ製の小型無人搬送ロボット「Racrew」や搬送設備も含めた自動化ラインを提案する。
 さらに、倉庫制御システムや倉庫管理システムと連携させることで、「現場から経営まで一貫してつながる物流センターの高度化ソリューションを提供する」という。

2021515日号掲載)