日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

コマツ産機、軟鋼36ミリ厚に対応のプラズマ切断機

コマツ産機(株) 

 コマツ産機は中厚板向けプラズマ切断機「ツイスターTFP5103」の販売を4月に始めた。高速加工・段取性・誰もが機械を扱えるようにをコンセプトにフルモデルチェンジし、従来機より電源容量(従来機の3割増の200A)と切断速度(板厚19ミリで同2割増の毎分2200ミリ)を大幅に向上した。
 カートリッジ式消耗品を採用し、操作パネルはスマートフォン感覚で扱える。最大加工寸法1525×3050ミリ、最大加工板厚は軟鋼36ミリ(300A出力時)。公表価格2900万円で年間販売60台を目指す。クイックガスオプションを装備すれば1本トーチのNC切断機として、板厚25~80ミリまでの切断が可能という。

2020515日号掲載)