日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

京セラ、家庭向け電動工具を順次発売

 京セラインダストリアルツールズは、KYOCERAブランドの家庭向け電動工具として「POWERシリーズ」を、105日から順次販売を始めた。20181月にリョービのパワーツール事業を承継した会社を設立して以降、RYOBIブランドの電動工具などを販売し、20201月から新たにKYOCERAブランドのプロ向け電動工具を市場展開してきた。
 今回発売したPOWERシリーズは、木工工作から家まわりのメンテナンス、清掃、芝や樹木など庭の手入れまで、「より良い住まいと暮らしを力強くサポート」をコンセプトに開発した。対象製品として、▽充電式インパクトドライバー▽充電式サンダー▽ディスクグラインダー▽ブロワバキューム▽充電式クリーナー▽電気チェンソー︱など、46カテゴリーを揃える。芝刈機や草刈り機などの庭の手入れツールは、20221月から順次販売を予定している。
 なお、RYOBIブランドの電動工具を使っているユーザーへのサポートは、引き続き同社が対応するという。

20211025日号掲載)