日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

京セラ、5G対応デバイスを法人向けに本格発売

工場、事業所などのDX化を後押し

 京セラ(谷本秀夫社長)は、 昨年10月より数量限定で販売していた5G対応デバイス「K5G-C-100A」を5月より法人向けに本格発売する。
 昨年から携帯キャリア各社が5G通信対応を開始し、エリアを拡大しつつある。5Gは超高速・大容量、低遅延、多数同時接続という特徴があり、これからのIoT時代の通信基盤になると見込まれている。工場や倉庫内などの限られたエリアで5Gネットワークを構築するローカル5Gも、スマートファクトリー化や遠隔作業などに活用できると期待が寄せられている。
 同製品は、多種多様な機器と有線、無線問わず接続できるため、安価で簡単に5Gネットワークを構築できる。「工場や製造現場、セキュリティ、エネルギー・インフラなどのビジネスの現場において、各企業の課題やニーズに合わせた5Gの早期導入を可能にする」(同社)。
 エッジコンピューティングを可能とするCPUを搭載しているため、負荷分散や低遅延、BCP対策などにも寄与する。5G対応端末では高速伝送による熱処理が課題になるが、同製品は、排熱構造に加え、冷却ファンを搭載しており、高負荷環境下においても安定した連続通信が可能だ。

2021410日号掲載)