日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

DMG森精機、柔軟に配置できるロボシステム

DMG森精機(株)

5分でセットアップ完了

 DMG森精機は、フレキシブルに使えるロボットシステム「MATRIS Light」を発売した。最大可搬重量は5㌔グラム。ロボット操作の専門知識がなくても教示できるダイレクトティーチ機能を備えている。
 手押し台車に人協働ロボットを搭載した。作業者1人で手押し台車を使用中の工作機械の前に配置するだけで、短時間でワークの搬入出を自動化できる。セットアップに必要な時間は約5分。使わないときは移動させて、自動化が必要なときに必要な設備で利用できるため、多品種少量生産の自動化を実現するシステムとして提案する。
 コンパクトサイズも売りにしており、手押し台車はオペレータの作業スペースに相当する縦600×900×高さ1700㍉に設計した。自動化システム用に個別のスペースを確保する必要がなく、1.4平方メートルのフロア面積があれば使える。人に触れると、すぐに止まる高感度なロボット停止機能により、フェンスの設置も不要だ。
 計測装置、洗浄装置など、さまざまな周辺装置との接続が可能。DMG森精機の各種ラインナップに対応しており、「使用中の工作機械への後付けも可能」とした。価格は税抜1097万円から。販売予定台数は月間60台を見込んでいる。

2021910日号掲載)