日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ZOLLER Japan、CGTechとコラボ

データ連携による効率化へ

 登壇者だけでなく、小型マシニングセンタ、ツールプリセッタの前にもカメラが設置された。514日、大阪市吹田市にあるZOLLER Japanのショールームで開かれたオンラインセミナーのテーマは「加工段取りと生産性の効率化」。ZOLLERが強みとするツールプリセットや工具管理とともに、測定時に得た情報などを切削シミュレーションに連携させるのが狙いだ。
 CGTechとのコラボセミナーとして開催した。両社が一例に挙げたのは、CAD/CAMソフト「VERICUT」による切削シミュレーション。ZOLLERの工具データベースから工具情報や推奨加工条件をダウンロードし、被削材に適した条件を提示するといったものだ。
 CGTechの担当者は「ファーストアプローチの検討材料にできる」と説明した。被削材と推奨条件の情報を取得するには、ZOLLERの工具管理ソフト「TMS」で事前登録が必要という。TMSは、工具使用状況の把握、保管場所の管理、在庫に合わせた受発注が可能なことから、メリットを実感できる提案として、今春から低価格版「TMS スターター」の販売を開始している。
 セミナー後半では、NCデータのGコードを解析して送り速度を変更させるVERICUTの機能を実演した。TMSに登録した最適化設定ファイルを使用し、切りくずの厚さや過負荷を制御する様子を画面と切削音で伝えた。
 終了後、リアルタイムでアンケート結果が表示される企画も実施。CGTechの茨木保彦マーケティングマネージャーは「率直な意見を聞くことができた。コラボイベントは、ソリューション提案として、関心も、集客率も高い」と話す。
 ZOLLERも昨年からオンラインセミナーを精力的に開催しており、「とくに今回のセミナーは100人以上の申込みがあった。生配信の経験を生かして、ショールームに足を運べない方にも積極的に提案していきたい」(奥健一マーケティングマネージャー)という。

2021530日号掲載)