日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

パナソニック ライフソリューションズ社、後付け用宅配ボックス

ユーザー自身で簡単に設置可能

 パナソニック ライフソリューションズ社は後付け用宅配ボックス「COMBOLight(コンボライト)」を発売した。
 希望小売価格(税別)は同社現行品83500→39800円(ミドルタイプ・マットブラック)と、基本的な機能を継承しつつ、価格を抑えた。「素材を見直すことで価格を抑えたが、ビールケースの構造を応用した本体を樹脂で覆う2重構造で、高い耐久性を実現した」(同社)という。
 接着施工のため、ユーザー自身で簡単に既築住宅への後付け設置が行える。電動工具を使わずに接着剤で固定でき、盗難や強風などによる転倒を防げる。カラーは6色展開で、玄関の雰囲気に合わせて選択可能。
 また、同社が行った実証実験では「荷物が大きくて入らなかった」「すでに荷物が入っていた」などの理由により、宅配ボックス設置後も再配達が発生する課題が判明したという。そうした課題を踏まえ、より大容量のラージタイプを新たにラインナップした。また、本体を連結して設置すれば、外出中に荷物が2回続けて届いた場合でも受け取れるという。
 ミドルタイプはH590×W390×D47339800円~、ラージタイプはH790×W390×D47349800円~(いずれも希望小売価格、税別)。

20191025日号掲載)