日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

NEC、次世代AGV

3月に商用化、一括制御で変化に対応

 NECは、物流現場の入出庫作業を効率化する次世代型自動搬送ロボット(AGV)を活用したソリューションを開発した。複数ロボットの一括制御だけでなく、ネットワークの遅延がある場合でも高い制御精度を可能にした。物流会社などとの実証試験後、今年3月までに商用化を目指す。
 カゴ車、平台車などのユニットロードを人のサポートなしで自動搬送する提案として、慢性的な人手不足が続いている物流倉庫の作業現場向けに展開する。使用するAGVは、自在輪がついているユニットロードをロボット2台が挟み込む形で保持。搬送指示画面からあらかじめ設定した位置まで搬送・留置できる。
 倉庫に設置したカメラの映像やセンサー情報を集約し、ロボットを一括制御する。ネットワーク遅延の変動を予測し、結果に基づいて制御する「適応遠隔制御技術」を採用した。倉庫内の状況をリアルタイムに俯瞰して把握することで、頻繁にレイアウトが変わる現場での搬送、人との協調作業に対応する。
 NECによれば、「今後は道迷い回避や障害物回避などのインテリジェンス機能も搭載する予定」という。従来のAGVは、ユニットロードをAGVに載せたり、治具でつかんだりしなければならなかったうえ、「ユニットロードの形が変化すると、治具の開発や、AGV形状に合わせたユニットロードの開発などが必要だった」としている。

2022110日号掲載)