日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ヤマハ発動機、多軸コントローラ サポートソフト発売

3Dシミュレータや、プログラム雛形の自動生成

 ヤマハ発動機は、複数台のロボットを制御する独自の多軸コントローラをサポートするソフトウェアとして新たに「ロボットシステムの立上げ時間を大幅に削減できる」(同社)機能を搭載したタイプ(RCX-Studio2020)を514日に発売した。
 従来のソフトに3Dシミュレーション機能とプログラムテンプレート機能を追加した。
 前者のシミュレーション機能を使えば、パソコンの画面上で設備のレイアウト検討やティーチング、プログラム作成、デバックなどを行なえる。干渉チェックなども含めてロボット設置前に検証でき、結果的に作業者の負担を軽減し、ロボットの早期立上げに役立つ。
 またプログラムテンプレート機能では、「ピック&プレイス」や「パレタイジング」、「塗布作業」など10種類でテンプレートを搭載し、プログラム雛形の自動生成を可能にした。プログラム作成の難易度が下がり、大幅な時短を可能にする。

2020525日号掲載)