日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

日東精工、ロボットでねじ締め

NXドライバT3搭載ねじ締めツールユニット

「UR+」製品認証を取得

 日東精工は、ユニバーサルロボット社の「UR+」製品認証を取得したねじ締めユニット「PD400UR」シリーズを830日に発売する。トルク範囲は0.56.0Nm。「ねじ締めユニットでは日系企業として初めての認証取得」という。
 ロボットに取り付けるユニットは、ねじフィーダからねじをピックアップし、あらかじめ設定しておいた位置に締め付けるというもの。ピックアップは、マグネット式、バキューム吸着式から選べる。狭いところにもアクセス可能で、各種アプリケーションにも対応する。
 高精度なねじ締めが可能な「NXドライバT3シリーズ/SD600Tコントローラ」を標準搭載した。締め付けポイントごとに、異なるトルク値や回転速度などを設定できる。16種類のプログラム保存が可能。さまざまな条件のねじ締めに対応する。
 プラグインソフトURCapNS SD600T」を新たに開発した。導入時のセットアップがティーチペンダント上で簡単に実施できる。コントローラに保存されたトルク値や回転速度などのパラメータを、ティーチペンダントからの直感的な操作・設定で変更できるようにした。
 目標トルクを入力すれば、最適な回転速度などを自動計算する「簡易設定モード」と、それぞれの値を独立して設定可能な「詳細設定モード」を用意している。

2021810日号掲載)