日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

三菱重工工作、ホブ盤2機種

日本電産マシンツール株式会社

精度と能率重視、最大250㎜ギヤまで対応

 三菱重工工作機械(若林謙一社長)は精度と能率を重視するホブ盤「GE15HSHigh Speed)」「GE25HS(同)」を6月に発売した。世界的な脱炭素社会の実現に向けた動きを背景に、普及が加速する電気自動車やハイブリッド車の駆動を担う高精度歯車に対するニーズの高まりに応えたかたち。
 ホブ盤GEシリーズは2004年の市場投入以来2800台の出荷を誇る。今回、大幅な改良を加え、GE15HSは自動車・二輪車に多く用いられる最大直径150ミリの歯車に対応。工具を取り付ける主軸に高速・高トルク型ダイレクト・ドライブ駆動方式のモーターを採用し、主軸の最高回転速度を従来比3倍の毎分6千回転に高めた。超硬工具を使用した切削加工では歯車研削並みの面粗度Ra04以下を達成したという(モジュール1.6ミリ、歯数19で)。
 GE25HSは自動車のディファレンシャルギヤなど大径ギヤ用に最大直径250ミリまでの歯車に対応。高速回転時の温度上昇による加工精度への影響を最小化した高速主軸、テーブルマスターギヤのバックラッシュ除去装置を標準採用したテーブルを付けた。主軸のモータートルクおよび主軸の最高回転数(毎分2300回転)は従来比約1.5倍で、加工時間を42%削減するという(モジュール3ミリ、歯数54で)。

2021610日号掲載)