日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

キャプテンインダストリーズ、超音波タッチプローブ

航空機部品、厚み計測を自動化

 キャプテンインダストリーズ(東京都江戸川区4-8-8TEL.03-5674-1161)は、航空機部品の厚みを無人で計測し、測定座標位置も自動記録する超音波タッチプローブ「RTP20.50-UTP-WET」の国内販売を102日に開始する。工作機械で使用するクーラントを接触媒質とした湿式のため幅広い加工仕様に対応できる。
 航空機部品は加工後の厚み管理が重要な工程だが、現状は人がハンディタイプ測定機を使って測定している。新製品の超音波タッチプローブにより、機上自動測定が可能になり、生産性を大幅に改善できる。厚み測定は(0.7mm~9mm, 1.5mm~30mm)に対応。測定座標位置が記録され、レポート作成も自動化できる。

2020925日号掲載)