日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

CGS、CAM-TOOL新版

(株)C&Gシステムズ

切削痕を抑制し、金型の磨き工数大幅削減

 C&Gシステムズ(塩田聖一社長)は、金型5軸制御マシニングセンタに対応するCAMシステム「CAM―TOOL(キャムツール)」の新バージョン(V17.1)を4月からリリースする。
 機械加工において、切削工具の送り速度の変化が原因で発生する「切削痕」を極力抑制し、大物金型加工などにおいて、磨き工数を大幅低減できるようにした機能が、新バージョンの最大ポイント。CL制御点(直線補間されている工具軌跡の直線端点)を曲率に応じ指定値で均等に再配列することで、これを可能にした。
 さらに工程途中でストック(工程間の形状)のメッシュ幅を調整可能にする機能を搭載。取り残し加工の改善、タップ加工への対応強化なども図った。オーバートラベルチェック機能(各軸の稼動領域を超えた動作を検出する機能)を加えることで、シミュレーションによる干渉の誤検出をより回避できるようにもした。開発した新機能は46項目に及ぶという。
 製品は3軸仕様と同時5軸仕様の2種があり、同時5軸仕様で640万円、3軸仕様で520万円(税別・保守料別、価格はモジュール構成により変動)。

2021310日号掲載)