日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

三菱重工工作、スマートグラス使って遠隔支援

アプリ「Vuforia Chalk」を使ったスマートフォンの画面【PTC提供】(左)とスマートグラス【NSW提供】

 三菱重工工作機械は6月、工作機械のサービス工事などに拡張現実(AR)対応の遠隔支援アプリ(PTC社製「Vuforia Chalk」)とハンズフリーのスマートグラス(RealWear社製「HMT-1」)の利用を始めた。「工事の効率化・迅速なトラブル解決で、お客様に貢献する」としている。
 工作機械のサービス工事の遠隔支援はこれまで電話に頼っていた。Vuforia Chalkを使えば顧客工場にいるサービス員から三菱重工工作のカスタマーサポートの熟練技術者へスマートフォンやタブレットで視界を共有できる。熟練技術者がARマーク(AR空間に描いたマーク)で正確に作業指示を行うことで工事の効率化を目指す。これら遠隔支援ツールは海外でも活用していくという。

2021710日号掲載)