日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

アシックス、工場内の行動分析から改善へ

ワーキングシューズに小型センサ

 アシックスは、従業員の行動分析が可能な「ワーキングソリューションシステム」を開発した。工場内の位置情報などを記録して分析し、労働状況を可視化。働き方改革に貢献するサービスの構築を目指す。
 現在開発を進めているスポーツデータ統合システム「YUNEGRID」を応用したもので、コア技術の一つである小型BLEセンサ(約5㌘)を使用する。時間に応じた歩数を記録できるほか、検知器と連続することで着用者の位置情報の取得を可能にした。
 昨年10月、実用化に向けて、神戸デジタル・ラボと共同で実証試験を実施した。アシックスの100%子会社であり、「国内唯一のシューズ生産拠点」という山陰アシックス工業の工場内に検知器を設置。複数の従業員が、センサを装着したワーキングシューズで数週間業務を行い、その行動を分析した。
 着用者の移動履歴、施設への入退室時刻、滞在時間などのデータを通じて、業務改善に向けた課題抽出、改善施策導入語の効果検証への活用につなげる。遠隔地のPCやモバイル端末でも確かめられることから、「在宅勤務などニューノーマルの働き方にも適している」(アシックス)という。1月中旬から日本ロジテムの物流倉庫でも実証試験を開始。作業効率や行動量の定着化と可視化を図る考えだ。

2021210日号掲載)