日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

村田ツール、ブラシ式バリ取り機「DB1500S」

最大加工幅1550㎜

 村田ツールは、板金の大型ワークに対応した最大加工幅1550ミリのブラシ式バリ取り機「DB1500S」を開発した。ブランク加工機のバリ・エッジ除去だけでなく、R仕上げも可能。表面処理鋼板、シート付ワークにも対応する。
 ワークをコンベア上に載せ、回転するブラシでバリを除去する。91日に発売した新機種は、フレームの高剛性化、ブラシ部のシャフト大径化などを図ったことで、従来機では難しかった加工幅1000㍉以上の大型ワークの対応を可能にした。
 大型化に対応した機械構造として、シャフト軸の強度化、ブラシ両持ち機構の採用により、安定加工を実現した。3×2列のブラシ配置により、均一した安定加工と広い加工領域を確保したのもポイント。ファイバーセンサでブラシ先端を自動測定し、寿命をモニタリングする機能も搭載した。
 対話式タッチパネルで加工条件を36パターン(オプションで100パターン)まで登録可能。バリの変化に対応する追加工モードや簡単モードも採用している。本体価格は税込1790万円に設定した。

2021910日号掲載)