日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

THK、ボールスプライン新製品

装置のコンパクト化を実現

 THK(寺町彰博社長)はボールスプライン「LF−X形」の新シリーズとして、コンパクトボールスプライン「LFK−X/LFH−X形」の受注を5月より開始した。
 「LFK−X/LFH−X形」は、フランジ面積が小さくカットされており、既存の丸フランジタイプ「LF―X」形よりもスプラインナットの質量が10~15%小さくなり、軽量化されている。また、芯高さが低く設計されているため「周辺部品を小さくして装置をコンパクトに設計したい場所に最適」(同社)という。
 スプライン軸の軸径サイズはφ5~φ30までの9サイズの展開。スプラインナットは角型(LFK−X形)と小判型(LFH−X形)の2種類をラインナップしている。

2020610日号掲載)